レンジで温めたスパゲッティは味気ないレンジで温めたスパゲッティは味気ない

アンケートとかで、「ビール」について尋ねられたら、あなたはどう答える?「策略」は、人それぞれで受け止め方が千差万別かもしれない。
前のめりで泳ぐあいつとわたし

前のめりで泳ぐあいつとわたし

釣りの師匠が2日前明け方から釣りによくスポットに行ったらしい、少ししか釣れなかったらしい。
小魚がうじゃうじゃで、フカセ釣りが難しかったらしい。
けれどもイノコの50cmサイズがあげれたらしいから、うらやましい。
いつだったか、もらってさばいて食べたが非常に美味だった。
大物でおいしい魚がいると話を聞いたら出かけたくなるが、まだ我慢して今度だ。

湿気の多い平日の晩にカクテルを
少年はとても空腹だった。
来週から夏休みという頃、小学校から元気よく帰宅している時だった。
蝉ももうけたたましく鳴いている。
陽の光は強く、夕方なのにまだまだ陽は高かった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校することも多いが、今日はあまりにも空腹のため、早いとこ家に帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨日のカレーは、まだ鍋にずいぶん残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、冷や飯が冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がもっと出てきた。

天気の良い仏滅の夜に昔を懐かしむ

仕事で着るスーツスカートを購入しに行った。
コムサとかフォーマルなお店も良いけれど、天神コアもありだと思う。
華やかではつらつとした女性向けのファッションビルで、体にフィットする服が多数。
価格は店舗によっての違いが出るが、大体は安価。
そして、製品を選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着た感じも、なんとなく色っぽく見えるような気がする。
なかなか素敵な服選びが達成できて、すごくハッピーだった。

気分良く走る姉ちゃんとあられ雲
南九州に引っ越してみて、霊前に連日、草花をしている人々が山ほどいるということに呆気にとられた。
年配の女性は、毎日、お墓に弔花をやっていないと、周りの人の目が引っかかるらしい。
その日その日、お花をしているから、家計の中の花代もとてもばかにならないらしい。
日ごとに、近くのお歳をめしたの女の人は墓に集まって草花をあげながら、歓談もしていて、お墓の陰気な雰囲気はなく、あたかも、騒がしい広場のように明るい空気だ。

余裕でダンスする姉ちゃんと読みかけの本

関心は全然なかったけれど、スポーツくらい多少でもやらなくてはとここ最近思った。
仕事内容が変化したからか、ここ最近、体を動かす機会がとっても少なくなり、体脂肪がとても増した。
あと、年齢も関係しているかもしれないけれど、横腹にぜい肉が醜くついていて、ものすごく見苦しい。
ほんの少しでも、気をつけないとひどくなる。

息もつかさず叫ぶ友達と草原
歌舞伎町の水商売の女性を見ると、大変だろうなーと思う。
それは、磨き上げた見た目、トーク術、努力を惜しまないところ。
客に完全に勘違いをさせないで、夢を与えていると思わせつつ、また店に来てもらう。
ふと、もしかするとコイツ、僕に気があるのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
一番は、私はとにかくホステスの給料がとても知りたい。

具合悪そうに大声を出すあの子とあられ雲

私は、マンションで個人で行えるような業務をして、繁忙期にお声がかかるとプロジェクトでの仕事に参加する。
そのたまにが、最高にめんどく思えて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうとか。
行くと頑張るけれど、多くの社員にはさまれて、みんなで仕事を行うのは難題だ。
なんて、友人に持ちかけると、言いたいことは理解できるよ、と言って、クスクス笑っていた。

湿気の多い月曜の日没に食事を
少し前、体調が悪いのに、食事と、眠りの時間帯が良くなかったので、吹き出物が増えた。
これはヤバいと思い立って、生活習慣を改善することを誓い、肌ケアに役立つ事をやろうと周りの意見を聞いた。
大いに推進されたのが、アセロラジュースだ。
今もほぼ毎日飲むことにしている。
レモンよりも肌に必要なビタミンCが豊かに含まれているとの事だ。
健康と美しさは何と言っても食事から作りだされるのかもしれない。

雨が降る仏滅の日没は散歩を

此の程、長編小説を読破することは少なくなったが、一時前に北方謙三版の水滸伝に心を奪われていた。
違う作者の水滸伝を見た時は、おもしろく感じることがなく、はまらなかったが、北方版水滸伝を読み進めたときは、魅了され、読み進めるのが止まらなかった。
会社の業務の昼休みや帰ってからの夕食中、入浴中でも読み進めて、1日一冊ずつ読みあさっていた。
登場人物が血が通っていて、凛々しいキャラクターがすごく多数で、そんなところに心酔していた。

ぽかぽかした大安の午前は窓から
学生時代の友人と前から会う約束していた。
福岡駅のいつも通りの大きめのテレビ画面の前。
携帯を見ると、30分くらい遅れるとメールが入った。
駅のこの場所は待ち合わせスポットなので、人々は時間が来ると約束の相手が現れる。
携帯で曲を聴きつつ、それを見ていた。
でもあまりにも退屈なのでたまに行く喫茶店に入って、コーヒーを飲んでいた。
しばらくして、友達がごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
ホットペッパーを見てみたけれど、良い感じの店を探せなかった。

カテゴリ


カテゴリ


花花

Copyright (C) 2015 レンジで温めたスパゲッティは味気ない All Rights Reserved.