レンジで温めたスパゲッティは味気ないレンジで温めたスパゲッティは味気ない

「乙女」を好きな人もいれば、嫌いな人もいると思う。どうでもいいと思っている人だって。アナタにとっての「カレ」って、どうだろう?
笑顔で体操する彼と枯れた森

笑顔で体操する彼と枯れた森

去年の真夏、ガンガン冷やした部屋の中で冷えた飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私は暑いと熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必要だと考えたから。
クーラーの効いた室内で、キャミさらに炭酸飲料にカルピスで涼しさを求めた。
だから、健康だと感じていた暑さ対策。
秋が過ぎ、その年の冬に、いつもよりかなり寒さを感じることが多くなった。
オフィスを出る業務が多かったこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという事態。
なので、きっと、真夏の水分摂取は真冬の冷え性対策にもつながると思っている。
十分に栄養を取り、偏りの少ない生活を送るのがベストだと思う。

夢中で跳ねる家族と横殴りの雪
だいたいは、できるだけ無地のファッションが好きな私は、もちろんビックリされるけど。
コルセットやコスメやドレスまで揃っていて、全部使いたいと思えば破産しそうだ。
それでも、jillはやめられない。

騒がしく歌う姉ちゃんと読みかけの本

旅行でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
中でも、博多港からすぐ行けるプサン。
観光ももちろんだが、特に女性は基礎化粧品や小物など興味がある人も多いだろう。
この国では見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことへの熱は素晴らしいといわれる。
就職活動や、お見合いの際に、日本に比べて露骨に判断される傾向が多々ある。
お国柄か、韓国で販売される化粧品は、美容に効果抜群の成分が、日本の物より多く含まれているらしい。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待してもいいだろう。

寒い土曜の昼は足を伸ばして
明日香は、短大に入ってすぐ仲良くなった友達だ。
明日香ちゃんの良い所は、人を否定しなくて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私から仲良くなりたいと話かけたそうだが、覚えていない。
話すと、すべて単純化されるので、凄く心が軽くなる。
シャープでスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーガーを食べに行ったりするらしい。

蒸し暑い日曜の夕方に立ちっぱなしで

息子がマルモダンスをまねしている。
私は教えていないけれど、2歳だけれど頑張ってまねしている。
どこかでマルモのメロディが流れると、録画映像を見たがって泣いてしまう。
保存したものを流すとエンドレスでずーっと休むことなく見続けている。
父親だから、映像を見ているより本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりしているのが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私たちの為でもある。

月が見える火曜の明け方は焼酎を
仕事で仲良くなったお姉さんがいる。
少し変わった女性で、彼女の話はいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、スキューバーの資格、小型船舶の免許。
TOEIC800点、フランス語検定2級、元客室乗務員。
公認会計士もパスしているとうわさ。
さすがにこのことを幼馴染に話してみたところ、君の聞き間違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の上司と結婚し退職していった。

気分良くダンスする子供と季節はずれの雪

花火大会の時期なのだけれど、今住んでいるところが、観光地で週末の夜、打ち上げ花火が上がっているので、すでにうんざりしてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、花火をあげているので、ものいいも多数あるらしい。
自分の、家でも花火の音がうるさくてひとり娘が怖がって泣いている。
年に一回ならいいが、2ヶ月間、毎週、どんどん大きな音が鳴り続けていては、むかつく。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

泣きながら歌う姉妹とぬるいビール
時は金也は、凄い格言で、だらだらしていると、本当にすぐ時が過ぎていく。
もっとさらりと仕事も締め切り前の報告書も終了すれば、これ以外の仕事に時を回すことが出来るのに。
例えば、外に出たり、自炊したり、雑誌を手に取ったり。
そう考えて、ここしばらく、さらりとこなそうと頑張っているが、何週間頑張れるのか。

無我夢中で自転車をこぐ妹とファミレス

すぐ目の前が海というところに私たちは、家があり住んでいるので、高波を離れて暮らす家族が気をもんでくれている。
ことのほか3月の大震災後は、家がどのくらい海から隔たっているのかとか高所は付近に存在するのかとか問いかけてくる。
妻と自分も怖いのだけれど、面倒なく条件のあう物件も見つかるわけではない。
だけど、しかし、ホントに大津波がやってくるとなってしまった場合に逃げる道のりを特定しておかないととそう思う、だけれども、しかし、防波堤周りしか高台へ行く道路がないので、あらためて想像したら怖いと理解できた。

気分良く走る母さんと擦り切れたミサンガ
急速にネットが無くてはならない物になるとは、子どもだった私はよくわからなかった。
品物を売る商売の方々はこれより先厳しくなるのではないかと思う。
PCを活用し、できるだけ安価な物見つけ出すことができるから。
争いが活発になったところでここ最近よく見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

カテゴリ


カテゴリ


花花

Copyright (C) 2015 レンジで温めたスパゲッティは味気ない All Rights Reserved.