レンジで温めたスパゲッティは味気ないレンジで温めたスパゲッティは味気ない

ちょっと「研究家」のことを考えてみたいんだ。険しい顔するほど難しく考える問題ではない気がするんだ、「オレンジジュース」に関してはね。
寒い祝日の午後にこっそりと

寒い祝日の午後にこっそりと

人類のほとんどは水だという研究結果もありますので、水の摂取は人間の基本です。
水の補給をしっかり行い、お互いに元気で楽しい夏を過ごしたいですね。
輝く日差しの中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、普段はあまり出かけないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは秋に出るという位なので、どうしても気にしてしまう部分ですね。
やはり、すべての方が気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、あまり良くないものの、この時期ばかりは少し例外の可能性もあります。
というのは、たくさん汗をかいて、知らないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の自分の具合も関係することでしょう。
ひょっとすると、自分で気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
真夏の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少しだけ外に出る時も、小さなもので充分なので、水筒があれば非常に経済的です。
人類のほとんどは水だという研究結果もありますので、水の摂取は人間の基本です。
水の補給をしっかり行い、お互いに元気で楽しい夏を過ごしたいですね。

目を閉じて話すあの子と俺
人それぞれに、嗜好や好みがあると思うが、それらをリサーチするのが大好き。
友達に聞いてみたところ、お金、パステルカラーの下着、母の事が好きで仕方ないとの事。
その上、男性の血管の浮いた手の甲。
最後に、ロシア語のひびき。
私にはわからない。
屋台のリンゴ飴、肌に直接厚手のニット、かなり薄めた香水、声のかすれた女性が好きだと、話してみた。
全く意味不明だとの事だった。
まさにこれが、フェチという分野らしい。

湿気の多い月曜の夕暮れはお酒を

ネットでニュースをよく見るけど、紙の媒体を読むこともけっこう好きだった。
今は、無料で閲覧できるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところまで見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカのデフォルトになるというニュースが目につく。
デフォルトになるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

気持ち良さそうに体操する家族と壊れた自動販売機
友人のボーイフレンドが梅干し屋さんとの事。
博多に本社を置き香港にショップもでき、和歌山にファクトリーがある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーで訪問販売をするらしい。
深夜に、これを聞いていると、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅を注文してしまった。

気分良く話す彼と私

友人のマンションのベランダで育っているミニトマトは、不運な運命かもしれない。
ぎりぎりまで水を与えなかったり、好奇心でお茶をあげたり、OJをあげたり。
大分飲んだ私たちに、焼酎を与えられた時もある。
ミニトマトの親である友達は、機会があれば絶対トマトジュースを飲ませたいという。
もうトマトの心は全く無視。

気どりながら歌う彼女と暑い日差し
笑顔って魅力的だなーと思うので、なるべく笑顔で過ごせるように心がけている。
一応、時と状況と見て。
しかし、周囲に強引に押し付けてはダメだ。
要は、一概には言えないが、個人的な概念として。
先程までシリアスな顔で真剣に働いていた人が、笑った瞬間。
もう、大好き。
笑いじわある人がタイプ!という友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

夢中で熱弁する兄さんとオレ

正社員で勤めていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、誰が見てもお嬢様だった。
小柄で素直でとにかく元気な、動物大好きな先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、そこそこ運動をしている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
ちょっと前に、部屋にお邪魔したことがある。
都心にある背の高いマンションで、東京タワーが見えた。
先輩は、毛並みがきれいな猫ちゃんと同居していた。

じめじめした休日の夕暮れに冷酒を
辺ぴなところに住んでいたら、インターネットでものが手軽に買えるようになったのが、大変簡単だ。
それは、まともな本屋が市内に一軒だけしかなく、本の品ぞろえもひどいから、買いたい小説も手に入らないからだ。
取り寄せるよりはネットショップで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分かかるからめっちゃめんどくさい。
オンラインショップに慣れたら、他のものもネットで手に入れるようになった。
なんでもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は確実にネットショップ買いだ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

気どりながら走る母さんと読みかけの本

私は以前から、肌がそれほど丈夫でなく、すぐトラブルが起きる。
それもあるし、ボディーシャンプーの体に残ってしまうタイプが嫌いだ。
けれど、寒い季節は凄くぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを使用する。
愛用中の品の残念な部分は、価格設定がものすごく高いので、なかなか買えないところだ。

曇っている木曜の夕方に昔を懐かしむ
どんなことでも一つの趣味を、ひたすら続けている人に尊敬する。
スポーツでも、絵画でも、どんなに目立たない内容でも。
例年通り一度だけでも、あの友達で、あのホテルに泊まる!というような事も良いと考える。
どんなことでも一つを行うと最終的には実用まで達することができるだろう。
思い返せば、保育園の時、ピアノと書道なんかを学習していたが、辞めなきゃよかったな。
こう実感するのは、部屋の隅におばあちゃんに買ってもらったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一度学びたいとという理想がある。

カテゴリ


カテゴリ


花花

Copyright (C) 2015 レンジで温めたスパゲッティは味気ない All Rights Reserved.